副業の体験談

お小遣いアプリ「モッピー」の検証!3つのポイントで紹介!

お小遣いアプリ「モッピー」の検証!3つのポイントで紹介!

1.スマホで副業

スマートフォンを使ってお小遣いを稼ぐことができるといえば、びっくりする人もいるでしょう。
やり方は別に何も難しいくなく特別なスキルやコストがかかるわけではありません。

お小遣いアプリをアプリストアからダウンロードしてポイントが稼げるアクションを行うことによってポイントが還元されるという仕組みです。
何とも都合のよさそうな仕組みですが、アプリストアにアップされているお小遣いアプリは何でも大丈夫という訳ではありません。

2.おすすめのアプリ

もともと詐欺を目的としたアプリがあったり、個人情報を収集する目的としたアプリも残念なことの存在することも確かです。
良いアプリを複数使いこなすことがお小遣いアプリでうまくお小遣い稼ぎをするコツと言っていいでしょう。

よいお小遣いアプリの筆頭として「モッピー」があります。かなり人気のあるアプリでありますから知っている人も少なくないでしょう。
「モッピー」がなぜ良いアプリといえるかは次の3つほどで検証することができます。

3.このサイトがいい理由

一つ目には「モッピー」の運営元は株式会社セレスという会社ですが、この会社は株式を上場しています。
株式を株式市場に上場するには証券取引所の厳しい審査がありますから、株式会社セレスはこの審査を通過した会社ということです。

上場基準に合格する会社規模を持っており、上場基準に合格する利益も上げていることが分かります。
この会社は「モッピー」だけではなく、他のサイトも運営していますし、成長性も申し分ありません。

運営元がしっかりしているので「モッピー」の信頼性と安全性はお小遣いアプリの中でもかなり高いという評価ができます。
二つ目には「モッピー」はお小遣いアプリの中でも会員数が多いことがあります。

多数の会員が登録しているということはたくさんの会員に「モッピー」が支持されていることにほかなりません。
この登録会員数が多いということも「モッピー」の信頼性が高いことを示しています。

まとめ

最後には「モッピー」がポイント還元につながる案件が多いということです。
案件を掲載する企業が多いということになりますから、「モッピー」は多数のスポンサーから信頼されていることにもなります。

スポンサーから信頼を受けているということは2番目の会員から信頼を受けていることと同じくらい、またはそれ以上の評価をしていいと言えます。
以上の3点から「モッピー」は安心してお小遣い稼ぎをすることできるアプリということができるのです。

ケータリングカーで手作りのパンを売るという主婦の副業

主婦の副業としてケータリングカーでパンの移動販売をしています。20代の頃に有名なパン屋さんで修行していた経験があるので、パンの腕には覚えがあるのですが、結婚を機に仕事はやめていたので、ブランクがあります。しかし、最近は子供も幼稚園に通うようになって、自分の時間が持てるようになりました。そうなると、そろそろパン職人としてのキャリアを再開したいなと思いがむくむくと湧いてきます。とはいえ、再びパン屋で下働する気にもならず、さりとて、自分の店を開くというのも大それた感じがして、どうしたもんかと悩む毎日でした。そんなある日のことです。旅行先の街でパンの移動販売車を見かけたのです。その瞬間、これだと思いました。私の生きる道はここにある。そう確信したからこそ、私は主婦の副業としてパン屋業をリスタートしたのです。

パンは家で焼いています。理想を言えば専用の窯を持ちたいところですが仕方ありません。お店をやめたあともパン作りは続けてきており、家にはそれなりの機材が揃っているので、現状はこれで我慢しています。パンを作り出すのは、毎朝、旦那と娘を送り出した後からです。パンの種類は日替わりで数個。それをそれぞれ20個ずつくらい焼きます。そして、11時頃には作り終えるので、いよいよケータリングカーに乗って出発進行です。オフィス街や住宅街をケータリングカーで周り、パンの移動販売を高らかに謳いあげます。最初こそ売れ残りの多さに悩まされましたが、最近は固定客もつくようになって、ほとんどの日が完売御礼となっています。ときには、幼稚園帰りの娘と二人でケータリングカーに乗って、街のいろんなところを回ってはパンを売ってます。娘も楽しそうに接客をしてくれて、ちょっとした看板娘になってくれています。

パンの移動販売という主婦の副業の冒険は始まったばかりですが、出足は好調だと言えそうです。いずれは自分の店を持ちたいと思っていますが、その資金が貯まるまでは、娘と一緒にパンのケータリング販売を頑張りたいと思っています。

主婦の副業として写真家をしています

主婦の副業として写真家をしています。私は美大を卒業したあとデザイン系の会社で数年働いていたのですが、出産を機に仕事をやめて、その後はデザインの仕事とは無縁の生活を送ってきました。しかし、写真だけは趣味として続けてきて、ブログやinstagramに作品を載せていたところ、とある出版社の編集者の方が目につけてくれ、ときどき写真のお仕事を回してくれるようになりました。子育てもあるので毎日働きにはいけない私ですが、何か良い主婦の副業はないかと探していたところです。編集者の方からの声掛けは願ってもないことであり、この仕事を受けるに際して私に迷いはありませんでした。

私の作風はハイキーでふんわりとした風景写真を撮るというものです。世界をできるだけ優しく撮ろうとしています。機材はアナログカメラで、主に中判カメラを使っています。アナログ特有の色合いはデジタルには出せないものであって、その独特の感触を編集者の方は気に入ってくれたようです。自分で言うのも何ですが、他にはない世界観が自分の写真にはあると思っています。自惚れかもしれませんが、こうしたナルシシズムなしに作品を作ることは難しいことです。

私は京都に住んでいます。この住環境も編集者の方には都合が良かったようです。日本屈指の観光地である京都は旅系雑誌ではことさら需要のある土地です。私は小さな頃から、京都の様々な風景を写真に収めたり、絵に描いたりしてきたので、この土地のことなら何でも知っていると自負しています。例えば、伏見神社の千本稲荷がもっともフォトジェニックに撮れる場所はどこか、そうしたことは何度も通ったものにしか分からない極意のようなものです。こうした土地勘も編集者の方に気に入られたようです。

主婦の副業として写真家を始めてからというもの、私の人生にも芯が通ってきたような気がします。子育ては楽しいものですが、外に出て働くことも人生にとっては大切な張り合いです。このチャンスを活かして、写真家として独り立ちできるよう頑張るつもりです。

家でできる仕事としてハンドメイドの販売を始めた友人

私の友人は最近家でできる仕事としてハンドメイド販売の仕事を始めました。
友人とは同じ大学で、とても仲良しです。大学を卒業した後は商社に勤めてバリバリ仕事していましたが、結婚を機に辞めてしまいました。とても残念だなと思いましたが、旦那さんが転勤族なので仕方なかったそうです。結婚後は地方を中心に転々としています。

何度も引越しをするのは最初のうちは大変で辛かったようですが、慣れてくると色々な土地に行くのが楽しくなったと言っています。そもそも友人は一人の時間を過ごすことが苦にならないようで、それも利点だったのかもしれません。それまで商社で仕事を頑張っていたこともあり、何か仕事をしたいと思っていたそうです。
でも転勤族だとなかなか定職に就くのは難しいという現実があります。そこで家でできる仕事はないかなと探したそうです。

友人はとても手先が器用なので、ハンドメイドなんていいかなと考えたと言っていました。仕事の合間で趣味で色々な手芸をしていたようで、そういう仕事なら家でできる仕事なので、できると思ったそうです。最近新聞記事にもハンドメイド販売をしているという主婦が紹介されていました。友人もその記事を読んだそうで、そういう作品を売っているサイトを見たそうです。そこには色々な作品が出品されていて、これなら自分にもできそうだと思ったようで、早速挑戦したと言っていました。作家としてハンドルネームも作り、出品すると予想以上に売れたのでびっくりしたそうです。

確かに友人の作る作品はとてもかわいらしくて、私も欲しくなりそうなものばかりです。友人が最近作った作品を見せてもらいましたが、これなら絶対に売れるだろうなと私も確信しました。それからは毎日一生懸命作品作りに励んでいるそうです。商社での仕事も楽しかったそうですが、自分の好きな仕事ができるのもとても楽しいと言っています。好きな仕事に巡りあえて本当に良かったと思います。

SEO対策用の長文が内職の常識を変えた

ほんの僅かなお金しか稼げないというのがそれまでの家でできる仕事だったのですが、近年はその常識が変わってきています。その大きな理由はSEO対策でしょう。これが何を意味するのかに関して分かっている人はそれ程いないと思うのですが、ネットを利用している中で一度くらいは見た事があるのではと思います。

ヤフーなどで検索をすると、その結果が表示されていますが、これは何を根拠にしてこの様な順位になっているのでしょうか。無数に存在しているサイトを一つ一つ見て人がランキングを付けているという訳では当然ありません。そんな事をしていたら、いくら時間があっても足りなくなってしまいます。そこで、検索エンジンと呼ばれるコンピュータに自動的に順位づけさせているのです。

このSEO対策では大量の文章が必要とされます。しかし、それまでは専門の企業にそれを発注したり、自作していたために費用と時間が非常に掛かりました。それが一般の人に仕事をさせるというサイトが登場したおかげで、その様な面倒な事をする必要が無くなったのです。

需要と供給の関係で比較的需要が多かったために、それを書く事が家でできる仕事として成立したという感じでしょうか。検索エンジンは単語を適当に並べた文に対しては厳しい評価をすると考えられています。人間ならではの『自然な』文でなければいけないのです。この文章作成作業をPCなどに自動でやらせる事は、現時点では難しいとされています。

近い将来、このようなSEO対策が無効になるのではないかとも言われていますが、今の所はその様な兆しは見えません。そのため当分の間は家でできる仕事が足りなくなるという事にはならなそうです。ただしその状況がこれからもずっと続くという保証もありませんし、後で振り返ってみればあの時が一番稼げていたという事態にもなりかねないのです。今の内に可能な限り稼いでおいた方が良いのは間違いない所だと思われます。

子育て中の私がついに見つけた家でできる仕事

私は現在、3歳の娘と10ヶ月の娘の二人を毎日あわただしく子育て中です。二人ともかわいい盛りで、家庭の中は笑顔が溢れて幸せを実感する日々なのですが、一方で、目が離せない年齢の子どもが二人いるという忙しさは半端ではありません。ですが、我が家には購入したばかりの家のローンがあり、子ども達の教育の事なども考えると、少しでも私も仕事をして収入を得たいという思いを持っていました。

そこで、家でできる仕事をいろいろと探していたのですが、最近になってようやくこれだというものを見つけることができました。それが、クラウドソーシングでの仕事です。クラウドソーシングはフリーランスの人や、私のような主婦などが、企業などから発注された不特定多数の人々に対する業務を行って稼ぐ仕組みで、自分の空いている時間だけ仕事をするという働き方ができます。まさに、私のような子育てに追われる身にはもってこいの仕組みです。こういったサービスを提供しているサイトが、検索するとたくさん出てきますし、登録や金銭の支払いなども面倒さが無くて、とても参加しやすいです。

私は、このクラウドソーシングというサービスを知って、すぐに登録をし文章を書いたりネーミングのアイデアを出したりする仕事を始めました。収入の方は仕事をしている時間が短いせいもあって、まだ月に1万円2万円といったレベルなのですが、それでも何もしないよりはずっと良いと思います。実際、他に子どもの面倒を見ながら好きな時間に、家でできる仕事などなかなかありませんので、とてもありがたいです。クラウドソーシングにはサイト製作やデザインなどの仕事もたくさんあるので、子育てがもう少し落ち着いてきたら、いろいろと勉強して様々な仕事に挑戦していきたいとも考えています。

このように、ネットが発達して家でできる仕事がたくさん増えていくのは、いろいろな立場や状況の人に収入を得る道が開けるので、とても良いことだと思います。