お金稼ぎのための副業として骨董の買取・販売

私はお金稼ぎのために在宅副業で骨董の売買をしています。骨董をテーマとしたアフィリエイトブログを開設し、毎日自分のコレクションを開示しています。そして、「週末にはどこそこの骨董市に店を出すのでよろしく」と宣伝し、骨董市を訪れた客にコレクションを売っています。骨董市は毎週あるわけでもないので回転率は悪いですが、利益率に関してはサラリーマンの在宅副業としては上々のものだと思います。骨董売買は儲かるお金稼ぎです。

学生の頃から海外旅行が好きだった私はオランダでデルフトの17世紀の陶器と出会ってからというもの、骨董にハマってしまいました。その後、茶道をすこし嗜んだ影響で、唐津や瀬戸の古い陶磁器にも関心をもつようになり、ますます骨董にのめり込んでいきました。日本人ですので、できれば唐津のぐい呑みなども収集できればいいのですが、骨董マニアの多い日本で、それらを安く買うことは困難です。

そのため、ヨーロッパに旅行するたびにヨーロッパの骨董を仕入れてきては愛でるようになりました。ヨーロッパの陶器は日本のそれと違って絵付けの派手派手しいものが多いのですが、ヨーロッパでも古い陶器は釉薬を大胆にかけただけのシンプルなものも多く、それらは志野や唐津と見立てることも可能です。日本人ならではの骨董眼でもって、ヨーロッパ人が見向きもしない古い道具を収集する。これが私の骨董趣味のあり方です。

そうして、やがてこれをお金稼ぎに活かすことを思いつきました。手頃な価格で仕入れたヨーロッパの骨董を手頃な価格で売る。日本は骨董の需要があるから、よいお金稼ぎになるだろうと思いました。私のように古唐津などには手を出せない人でも、それらしい気分を味わってみるために代用品で我慢したいという日本人はたくさんいるはずなのです。

そうした考えから私はブログを開設し、各地の骨董市に顔を出し、自分のコレクションを売るようになったのです。こないだはアムステルダムで5千円ほどで仕入れた17世紀デルフトの白い陶器が3万円で売れました。これからも、骨董でいっぱいお金稼ぎをして、いつかは自分のショップを開いてみたいです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ