どのようにしてクレジットカードを換金するか

クレジットカード現金化ということを、チラシや新聞などの広告で見ることもあるのではないでしょうか。では、どのようにしてクレジットカードを換金するのでしょうか?貸金業ではないような業者も宣伝を行っていますが、問題が法的にはないのでしょうか?ここでは、クレジットカード現金化について見ていきましょう。

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードの会員に業者が不正にクレジットカードのショッピング枠を使わせて、現金をクレジットカードの会員に渡すような換金するものです。この主な方法としては、買取業者によるものとキャッシュバック方式があります。買取業者によるものの場合は、クレジットカードの会員に業者が指定した商品をクレジットカードで購入させて、クレジットカードの会員が業者にそれを売る方法です。キャッシュバック方式の場合は、クレジットカードの会員に業者がクレジットカードで価値がないような商品を購入させて、キャッシュバックの名目でクレジットカードの会員に業者から、手数料を購入した金額から差し引いてお金を渡す方法です。両方とも、クレジットカードの会員にはクレジットカード会社から後日商品を購入した代金の請求があります。

さらに、お金を一時的には入手しても、手数料の業者に差し引かれるものを金利に置き直せば、クレジットカードの会員は実質的に、法律に触れるような高い利息を払うようになります。クレジット現金化の業者の中には、貸金業などの許可を取っていなかったりする業者も多くあります。このような業者は、それぞれの都道府県のから削除や訂正を要求される場合もあります。
基本的に、それぞれのクレジット会社の規約においては、クレジットカードを換金のために利用することを禁止しており、明らかにクレジットカードの現金化は規約に違反します。また、国は貸金業者であるとクレジットカードの現金化の業者と位置付けており、ヤミ金業者であると登録がない場合は見なして、取り締まるようになりつつあります。

SNSでもご購読できます。