SEO対策用の長文が内職の常識を変えた

ほんの僅かなお金しか稼げないというのがそれまでの家でできる仕事だったのですが、近年はその常識が変わってきています。その大きな理由はSEO対策でしょう。これが何を意味するのかに関して分かっている人はそれ程いないと思うのですが、ネットを利用している中で一度くらいは見た事があるのではと思います。

ヤフーなどで検索をすると、その結果が表示されていますが、これは何を根拠にしてこの様な順位になっているのでしょうか。無数に存在しているサイトを一つ一つ見て人がランキングを付けているという訳では当然ありません。そんな事をしていたら、いくら時間があっても足りなくなってしまいます。そこで、検索エンジンと呼ばれるコンピュータに自動的に順位づけさせているのです。

このSEO対策では大量の文章が必要とされます。しかし、それまでは専門の企業にそれを発注したり、自作していたために費用と時間が非常に掛かりました。それが一般の人に仕事をさせるというサイトが登場したおかげで、その様な面倒な事をする必要が無くなったのです。

需要と供給の関係で比較的需要が多かったために、それを書く事が家でできる仕事として成立したという感じでしょうか。検索エンジンは単語を適当に並べた文に対しては厳しい評価をすると考えられています。人間ならではの『自然な』文でなければいけないのです。この文章作成作業をPCなどに自動でやらせる事は、現時点では難しいとされています。

近い将来、このようなSEO対策が無効になるのではないかとも言われていますが、今の所はその様な兆しは見えません。そのため当分の間は家でできる仕事が足りなくなるという事にはならなそうです。ただしその状況がこれからもずっと続くという保証もありませんし、後で振り返ってみればあの時が一番稼げていたという事態にもなりかねないのです。今の内に可能な限り稼いでおいた方が良いのは間違いない所だと思われます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ