主婦の副業として写真家をしています

主婦の副業として写真家をしています。私は美大を卒業したあとデザイン系の会社で数年働いていたのですが、出産を機に仕事をやめて、その後はデザインの仕事とは無縁の生活を送ってきました。しかし、写真だけは趣味として続けてきて、ブログやinstagramに作品を載せていたところ、とある出版社の編集者の方が目につけてくれ、ときどき写真のお仕事を回してくれるようになりました。子育てもあるので毎日働きにはいけない私ですが、何か良い主婦の副業はないかと探していたところです。編集者の方からの声掛けは願ってもないことであり、この仕事を受けるに際して私に迷いはありませんでした。

私の作風はハイキーでふんわりとした風景写真を撮るというものです。世界をできるだけ優しく撮ろうとしています。機材はアナログカメラで、主に中判カメラを使っています。アナログ特有の色合いはデジタルには出せないものであって、その独特の感触を編集者の方は気に入ってくれたようです。自分で言うのも何ですが、他にはない世界観が自分の写真にはあると思っています。自惚れかもしれませんが、こうしたナルシシズムなしに作品を作ることは難しいことです。

私は京都に住んでいます。この住環境も編集者の方には都合が良かったようです。日本屈指の観光地である京都は旅系雑誌ではことさら需要のある土地です。私は小さな頃から、京都の様々な風景を写真に収めたり、絵に描いたりしてきたので、この土地のことなら何でも知っていると自負しています。例えば、伏見神社の千本稲荷がもっともフォトジェニックに撮れる場所はどこか、そうしたことは何度も通ったものにしか分からない極意のようなものです。こうした土地勘も編集者の方に気に入られたようです。

主婦の副業として写真家を始めてからというもの、私の人生にも芯が通ってきたような気がします。子育ては楽しいものですが、外に出て働くことも人生にとっては大切な張り合いです。このチャンスを活かして、写真家として独り立ちできるよう頑張るつもりです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ