在宅ワークならクラウドソーシングがいいのか?

在宅ワークをやる人は増えているのでしょうか。安倍総理が進めている形態は、在宅ワークというよりもテレワークという形態で、この場合は、いわゆるサラリーマンである会社員が、出社せずに自宅で仕事をするというケースを言っているのだと思われます。一方、在宅ワークという場合は、本業としての仕事を自宅で行うことであったり、本業を持ちながらできる副業を自宅で行うということを指しているのだと思っています。

自宅で仕事をするという場合に、ここ数年注目をされているものの一つに「クラウドソーシング」というものがあります。「クラウド」という言葉は、この数年来、ビジネスの現場では、キーワードのようになっているわけですが、その場合の「クラウド」というのは、データを自社ではなく、サーバーを持つ事業所に預けて、管理などまでさせる。データにアクセスするときには、端末があればどこからでもできる。自社でトラブルがあっても安心。というような存在として「クラウド」は注目されてきました。
では、クラウドソーシングというのは何かというと、簡単に言ってしまえば、インターネット上で、仕事をしてもらいたい人と、仕事をしたい人を結びつけるサービスなのです。ゲスな言い方をすれば、仕事の出会い系サイトとでも言えばわかりやすい人もいるでしょう。クラウドソーシングの場合、仕事をしてもらいたい人と仕事をする人は、実際に会うこともなく仕事がスタートし、そのまま1度も会わずに仕事が完了するわけです。

「それで報酬はもらえるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、クラウドソーシングを提供しているサイトが仲介していますから、そのあたりのことは心配がいらないわけなのです。今では、このようなクラウドソーシング・サービスを提供しているサイトがいつくもありますから、自宅で仕事をしたい人、外で仕事をすることができない人などにとっては、自分のスキルを活かす場面が増えたというようにも言えるわけです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ